2010年12月03日

【デッキ】六武衆

モンスター(15枚)
六武衆の師範×2枚
六武衆の影武者×3枚
真六武衆−キザン×3枚
真六武衆−カゲキ×3枚
メタモルポット
ドッペルゲンガー
A・ジェネクス・バードマン×2枚

魔法(19枚)
六武衆の結束×3枚
六武の門×3枚
増援
成金ゴブリン×3枚
紫炎の狼煙×3枚
死者蘇生
月の書×3枚
ハリケーン
サイクロン

罠(6枚)
神の宣告
神の警告×3枚
諸刃の活人剣術×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
ナチュル・ランドオルス
ブラック・ローズ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
レッド・デーモンズ・ドラゴン
真六武衆−シエン×2枚
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク
不退の荒武者

サイドデッキ
D.D.クロウ
エフェクト・ヴェーラー
ドッペルゲンガー
トラップ・スタン
次元幽閉×2枚
大寒波
盗賊の七つ道具
連鎖除外(チェーン・ロスト)×2枚
魔のデッキ破壊ウイルス
抹殺の使徒
群雄割拠×2枚
邪神の大災害
環境初旬は地雷を持っていくよりは、
メタゲームの中心でありつつもテンプレートがまだ完成していない【六武衆】を
持ち込むべきだと考え、このデッキを使うことに。
この形に至るまで様々なタイプを検討、構築、テストプレイしましたが
最終的には速度特化型&後攻時の返しの要素を加えた上のレシピになりました。

◆デッキ解説
まずは構築の上で考えなければならなかったことは以下の点。

1、先攻時にきちんと強い場を構築できるか
2、罠型構築と当たった場合に安定した勝率をきちんと確保できるか
3、対ミラー戦における崩しをきちんと出来る構築であるか

この3つの点を如何にクリアし、構築に反映できるか。それが今回の構築のテーマでした。
六武衆の特徴として挙げられるのは、先攻時における絶対的な強さです。

先攻シエン+六武衆1体+警告or月+α

非常に突破しにくい場を先攻1ターンで形成することができる。
これが六武衆の最大の魅力であるとも言えます。
この最大の利点を殺さず、更に伸ばしながら、2、3の課題についてもクリアできるように構築する。
これをテーマに今回の六武衆を組みました。

1、先攻時にきちんと強い場を構築できるか

これを達成するためにまず試したのが《強欲で謙虚な壺》でした。
パーツを揃えるという意味では優秀ではあるのですが、これを発動してしまうと
そのターン中にSS出来る機会を無くしてしまう点が非常に大きな問題となりました。
そもそも六武衆は先攻1ターン目で勝ちに非常に近づく場の形成ができることが最大の利点です。
この利点を阻害してしまうこのカードの採用は、コンセプトに合わないということで採用を見送りました。
また《封印の黄金櫃》の採用に関しても同様で、
先攻1ターン目の場の形成に関与しない点がネックとなり採用を見送っています。
しかし《強欲で謙虚な壺》を採用しない場合、どうしても
必要パーツを揃えられず展開が遅くなってしまうという問題も出てきました。
対ミラー戦ではこのパーツを揃えられないというテンポアドバンテージが勝敗を決してしまうことも少なくありません。

この問題を解決するために、展開阻害をせずにパーツを早く集められるカードである《成金ゴブリン》を採用しました。
《成金ゴブリン》を採用するにあたってネックであるのが相手に1000回復させる効果が付与されていることです。
六武衆は先攻時の固め、後攻時の1ショットが出来るという点において他のデッキよりアドバンテージがあります。
この後攻時のアドバンテージを阻害する可能性があるのではないか。このような疑問も当然出ると思います。
しかし、よくよく検討すると1000回復した9000の数値はそこまでネックではないことがわかりました。
以下は門を発動している状況で成金ゴブリン1回発動した場合のkillパターンの例です。
EX)成金ゴブリンが1枚発動した場合におけるkillパターン
1、ブリューナク+師範+キザン2(2300+2100+4200=8600)+カウンター2(500)=9100
2、シエン+師範+キザン3=10900
3、ミスト+師範+キザン2(2500+2100+4200=8800)+カウンター2(500)=9300
4、トリシューラ+師範+キザン2(2700+2100+4200)=9000
5、スクラップ+師範+キザン2=9100 etc
このように門のカウンターでのパンプや、《A・ジェネクス・バードマン》を使ったレベル8形成などを使えば
9000というkillラインを突破することは比較的容易であることがわかります。
10000を超えた場合でもバードマンが絡んだ場合は突破可能なパターンが何種類かあります。
先攻時に受けるメリットが大きく、後攻時の動きに対する阻害が少ない点から《成金ゴブリン》を正式に採用することにしました。
ドロー加速のギミックを加えることで、他の六武衆より
素早く場を構成できるようにしたことが、この構築での最大の利点だと考えます。

2、罠型構築と当たった場合に安定した勝率をきちんと確保できるか

他の六武衆と比較して、速度面で優位になるよう構築出来ました。
この利点を殺さずに、対罠戦において優位に立つ為にはどのような戦術をとるべきか。これが2つ目の課題となりました。
先攻時では六武衆側は前述したような場を構築することで対罠には優位に立てます。問題となるのは後攻時です。
後攻時で展開する際に問題となるのは相手の魔法、罠です。
当初は《トラップスタン》や《六尺瓊勾玉》を採用しながら展開を考えていましたが、
この場合《月の書》に対応出来ない点で問題だと感じました。
また《トラップスタン》では相手のシエンに無効化され、本来の役割を果たせない可能性もあり、採用には至りませんでした。

シエンに無効化されないモンスター効果で、尚且つ相手のバックを破壊できる
《ドッペルゲンガー》に着目したのはこのような背景があるからです。
モンスター効果で、尚且つ相手の場を複数枚破壊できると同時に、伏せに対する心理的圧迫を加えることができます。
更に《メタモルポット》を採用している場合にアドバンテージが取りやすい点を評価してメインから1枚採用しました。
実際に決勝トナメでの対墓地BF戦ではドッペル警告活人セットから次ターン1ショットキルを決めたり、
3位決定戦では相手のバックを剥がしつつ、此方の場を優位に形成することが出来たので、
私個人としてはこのカードを非常に評価しています。
更に付加した要素としてはレベル8シンクロモンスターの展開補助と同時に、
ブラックローズの補助となる《A・ジェネクス・バードマン》を採用したことです。
《A・ジェネクス・バードマン》を使った対罠の崩しとしては以下のようなものがあります。
1、六武衆の守備が高いモンスターを裏守備セットしておく
2、次ターン反転からキザンSS
3、裏守備で置いていったモンスターを戻してバードマンSS
4、キザンとバードマンシンクロでブラックローズ
この動きをすることで、召喚権を残したまま場の一掃を狙う事が出来ます。
更にレベル8シンクロが容易に出せるので《スターダスト・ドラゴン》を
使った展開等も視野に入れながらプレイすることが出来ます。
この2つの崩しのギミックを採用することで、対罠に対する勝率を確保しています。

3、対ミラー戦における崩しをきちんと出来る構築であるか

これは2で前述したとおりです。
《A・ジェネクス・バードマン》を採用したことでブラックローズや他シンクロを作りやすくし、逆展開を狙います。
また《月の書》を3枚採用することで、シエンの無効化させる対象を増やしています。

以上のようなカードの採用や、戦術を反映させることで3つの課題をクリアすることができました。

戦術や課題を明確にし、それに対する解答を
構築にきちんと反映させることができたことが、今回の入賞に結びついたと思います。

サイドデッキや2〜3戦目の戦術に関しては割愛します。
プレイヤーやってるうちはサイド戦術に関してはあんまり触れたくない部分だったりするのです。
posted by おーさん at 19:15| Comment(18) | TrackBack(0) | デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

【遊戯】東京CS大会レポ

久々の日記。
最近は Twitterやりまくってたせいでこっちの更新がおろそかになってました。

というか本格的に復帰し始めたということもあって、
ブログの更新に力を割くよりも
練習時間を確保すべきだろうってことで更新止めてました。


特に今回のメンバーは自分から誘ったということもあり、
割と気合を入れて臨んだつもり。
ちなみにメンバーはまさかのHataさんとAitsuさんwwww

以下大会レポ

A Hata B おーさん C Aitsu

使用デッキ 六武衆

1回戦 けんぴーさん@六武衆 ×○×

1、先攻門結束シエン師範キザン警告活人セットエンドはきつい
2、門シエン警告宣告活人エンドは勝ち
3、先攻結束6ドローシエン師範宣告警告セットエンドは流石に無理ゲー

チーム ○×○

2回戦 氏直さん@六武衆 ○×○

1、相手2セットエンド。後攻こっち展開して警告セットで封鎖して2キル
2、なんかシエンがどや顔しながらこっちをみてた。
3、シエンがどや顔しながらしながらあっちをみてた

チーム ×○○

3回戦 トミーさん@ライロ ○○

1、トリシューラ、師範、キザン、カゲキ+門パンプで91で勝ち
2、相手の展開止めつつ殴りきって勝ち

チーム ○○×

4回戦 ミラーフォース@東京旋風 ××

1、先攻門結束カゲキ影武者なんて強い動きはできません。
  裏守備置いたり色々したけど死んでました。
2、今度こそ・・・!と思いつつもお通夜でござんす

チーム ○××

4回戦が全勝同士の戦いだったのでオポで決勝トナメ進出。
マジチームの勝ち方が噛み合いすぎててヤバイw
Hataさんは無双してるし、
Aitsuさんは本当に必要なところで勝ちを拾ってくれるからマジ強かったw

決勝T
1回戦 lacusさん@デブダン ○○

1、先攻で固めてブリュ、トリシュ、師範で3キル
2、後攻使徒プレイからの門からめた1キル

これは流石に申し訳なかった気がする。
遊戯王マッチ5分で終わらせて、あとは座談会してたw

チーム ○○×

2回戦 ルシファーさん@墓地BF ○×○

1、先攻パルキバック警告でモン消しながらライフ取って勝ち
2、弾圧無理っすわー
3、ドッペル警告活人セットエンド。相手グレファーに警告で2伏せ。
  これにドッペル撃ちこんで月ミラフォ流す。ハンド門で展開して勝ち

チーム ○○×

準決勝 ウィンさん@六武衆 ×○×

1、相手先攻門門カゲキキザンキザン師範バック2伏せエンド。
  こっち返し1チャンローズ狙うも当然のように勾玉撃たれて負け
2、門結束とか引けないけど活人からの1ショットのプレイしてライフ削って勝ち
3、先攻結束シエンキザンバック警告の前に屈した
 
マッチ4ターン(笑)

チーム ○××

3位決定戦 チャミくん@六武衆 ○○

1、セクハラサイコロ強すぎで勝ち。先攻取れたw
2、相手の引きに助けられた。
  お互いやるべきことやって、引きの分だけ勝ち

チーム ×○×

久々のチーム戦の結果は4位でしたー!

ここまできたら優勝したい気もあったけど、
それ以上に内容の濃い試合、交流が出来たので満足。

なんにせよ今日は横に助けられたw
hataさんの勢いはマジやばい。ハンド蘇生141とか削るだけ削ってからの
トップサイファースカウタ―で解決とかマジ強い。
あとプレイングが未来視出来てるとしか思えないw
Aitsuさんもとってほしい試合を確実にとってくれてるし。
マジチームで噛み合ったからこそ予選突破できたんだと思う。
3−0ないのに突破できてるのがそのいい証拠。
組んでくれたHataさんAitsuさんマジ有難う御座いました−!

個人としては5−3だけど、プレミや反省点はなかった。
デッキも使うプレイヤーはアレかもだけど、マジで強かったw
前日まで安定構築とか迷走いろいろやったけど、
ホントこの形使って良かったと思う。戒さんにはマジ感謝。

調整会やskypeで皆も調整相手になってくれたから
4位という結果にも結び付いたんだと思います。
調整付き合ってくれた方々本当に有難う御座いました。

大会終わった後は、、グリさん、 maro、taroさん、
Hataさん、Aitsuさん、4様、momoさんとかとご飯して
maro、taroさん、momoさんとかと2次会いってから帰宅。
ホントはもちっと遊びたかったんだけど、
流石に終電なくすはまずいんで素直に帰宅。めっちゃ楽しかったーw

・・・で終わればよかったんだけど、飲みでテンションあがりすぎて
4位賞品のデュエルディスクを忘れて帰ったっていうのが今回のオチ

おー「すいません、甥の誕生日プレゼント忘れていったんですけど・・・」
店員「あ、このおもちゃですよね^^ありましたよ^^(ニヤニヤ」

電話越しの羞恥プレイまじきつい
結局家の方へ郵送してもらえることになった。着払いで。

まあでもこんなことも気にならなかったくらいCS楽しかったですw

またどこかでお会いしたら皆さん宜しく御願いしますねー!!1



おまけ

※今日のhata名言

対戦相手「ライフいくつですか?」
hata   「ゴンニー」

人が真面目にプレイしている横でリアルゴンニーきつい
posted by おーさん at 12:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 大会レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ちょっと

リアルの方が忙しさジョイマックスって感じなので返信はもうチョイお待ちくださいませ。

10/8日に更新予定。

あとXセイバーとかデッキ色々晒すかも。

posted by おーさん at 12:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

【雑記】遅延行為に関して

現在検討中なんだけど、
改善するとことかご指摘受けたいので一回晒し。

以下現段階における蘇我非公認フロアルール、
非紳士的行為に関する罰則規定、遅延行為の項の引用。

非紳士的行為に関する罰則規定

1、遅延行為

注意→警告→デュエルの敗北→マッチの敗北→失格→受賞資格を失う失格→退場処分
このように段階を踏まえて指導していくものとする。
悪質と認められる場合は、警告等から段階を踏まずに
受賞資格を失う失格を適用する等の罰則の格上げができる。

大会に参加する全てのプレイヤーにはデュエルを円滑に進める努力義務がある。
遅延行為は円滑なデュエルの進行を妨害する行為であり、許される行為ではない。

エキストラデュエルとは時間内にデュエルの勝敗がつかない場合での延長措置である。
構築段階でエキストラウィンを狙うことはデュエルの進行を
円滑に行う努力義務を最初から放棄していると解釈される場合もある。
構築段階でエキストラウィンを明らかに狙っているとジャッジに判断された場合、
判断基準や罰則の適用が一般的な構築より厳しく判断、適用される場合がある。

【戦略思考時間】
・故意に不必要と認められる戦略思考時間をとった…受賞資格を失う失格
・不必要と認められる戦略思考時間をとった…警告以上の罰則
・3分を大幅に超える戦略思考時間をとった…マッチの敗北以上の罰則
・3分を超える戦略思考時間を複数回とった…マッチの敗北以上の罰則
・3分を超える戦略思考時間をとった…警告
・2分30秒を超える戦略思考時間を複数回とった…警告以上の罰則
・2分を超える戦略思考時間を複数回とった…注意

【効果処理】
・意図的に遅延と認められる効果処理を行った…警告以上の罰則
・円滑に処理をしていたにも関わらず効果処理により1ターンが6分を超えてしまった…デュエルの敗北
・円滑に処理をしていたにも関わらず効果処理により1ターンが3分を超えてしまった…1回目注意、2回目以降警告以上の罰則

【インターバル時間】
・故意にインターバル時間を遅延した…受賞資格を失う失格
・インターバルで3分を大幅に超える時間を使った…マッチの敗北
・インターバルで3分を超える時間を使った…警告

【シャッフル】
・遅延目的で故意に時間をかけたシャッフルを行った…警告以上の罰則
・時間を必要以上にかけたシャッフルを行った…注意
・サーチなどの処理後に複数回過度のシャッフルを行った…警告
・サーチなどの処理後に過度のシャッフルを行った…注意

【その他遅延と認められる行為】
・不必要にジャッジを呼び、円滑な進行を妨害した…警告
・効果確認などを必要以上に行い、円滑な進行を妨害した…警告
・墓地確認を必要以上に行い、円滑な進行を妨害した…警告
・ハンド枚数確認や手札シャッフルなどを必要以上に行い、円滑な進行を妨害した…警告
・相手に対してデュエルに関係ない話題を持ちかけ、円滑な進行を妨害した…話題を提供したプレイヤーに警告、乗った方に注意
・勝ち手段を確保していながらエキストラウィンを狙ってデュエルの決着を先送りにした…注意(※)
・デッキ確認処理時に確認対象以外のカードを確認する目的で、必要以上に大幅に時間をとってデッキの確認を行った…注意(※)


デュエルの進行を円滑に進めなければならないって解釈からいくと
こんな感じになるんじゃないかと思うんだけどどんなもんなんだろ。

※の部分を盛り込むか否かが悩ましいとこかなとは思う。
相手のデッキの情報を知りたいから云々という情報アドバンテージに関して。
これを勝ちに直結する行為とみるか若しくは言い訳として遅延行為として捉えるか。

この辺の判断が非常に難しい。

OCG事務局にも確認をとったが、明確に見解を示すことはできないということらしい。

個人的な見解としては罰則が適用される事項だと思う。

1戦目の勝利を決定づけることより情報アドを優位におくこと。
これを認めることはデュエルを円滑に進めるという観点からは難しいと思う。
これを認める場合、3分をフルに使って、
相手の思考パターンや行動パターン、癖など分析しているといったごり押しも通ってしまう。
情報アドバンテージを勝利の結果より上位のものと判断することは
デュエルを時間内に終了させるという努力義務の観点から判断するならば許容される事項ではないように思う。

まあ現段階での個人的な見解のお話なので改善点があればどんどん修正したい。
この考えはちがくね?ってのもあればこれも是非とも教えて頂きたい。

ご意見、ご感想どしどし募集中です。


ちなみに。

OCG事務局との電話の最中。

お「罰則規定に関する判断基準に関して。
 遊戯王にはフロアルールが存在していませんよね?
 その場合、公式がある程度判断基準になりえる見解を示すことは
 公認大会を設けている以上、必要だと考えるのですが
 それに関しましてどのようにお考えでしょうか。」
事「フロアルールとはどのようなものでしょうか・・・?」

公式のルールを司る事務局がフロアルールを認知していないとか流石玩具。

とりあえず早期のフロアルール創設と罰則規定に関すること、
非紳士的行為に関する罰則規定の明文化、
不正プレイヤーを公式イベント出場停止処分に出来るなどの罰則の厳罰化
これらに関してOCG事務局に申し入れをしてきた。

いっぱい意見があれば通りやすくなると思うので、上記の申し入れを
読者の方々で時間取れる人はしてみてくれると少しは変わってくるかもしれません。

なんかコナミに電話するたびにがっかり感が増えてく気がする。そんな今日この頃。

おわり。
posted by おーさん at 14:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

【雑記】更新停止してやってたこと

蘇我非公認フロアルール改訂版.pdf

こんなん作ってました。

■蘇我非公認の話

多分10月か11月に蘇我で非公認大会を行います。
そのためのルール策定をやってました。

そもそも遊戯王にはフロアルールがなぜ無いんだろうか。
フロアルールにはモラルやマナー意識を啓蒙する働きもあるというのに。
数年待ちましたが、企業側で作る様子が全くないのでこの機会に作ってみました。

MTGやDMなどのフロアルールを参考にしつつ
chaosのフロアルールを改変したものになります。

■フロアルールについて

プレイヤーの意識や不正に対しての罰則要項、
また独自のルールとしてサレンダー許可、敗者の権利事項、
遅延に対する見解など掲載しています。
詳しくは上のリンクからお読みください。
なお掲載してる形から更に良くしていきたいと考えていますので、
何かあればどしどしご意見頂けたら、と思います。

■罰則規定に関して

これも後々掲載するつもりです。
遊戯王にはなくて、他のカードゲームに存在する
「非紳士的行為に関する罰則規定」を盛り込むつもりでいます。
現在の遊戯王の罰則規定はジャッジ個人の判断に任せる所が多すぎると考えますので、
ある程度判断基準となりえるような罰則規定を作っていく所存です。

■ちなみに

この各ルールはあくまで蘇我非公認においてのものです。
他の非公認やCS、公認でもこのルールの通りになるなんてことはないのでご注意。

■告知に関して

9月後半くらいに告知しまーす。
募集人数は32人から64人の小〜中規模程度の人数。
不正防止の為に本名登録必須になると思いますのでご了承を。

■しまらない

まあとどのつまり、自分で納得いく非公認開きたいから活動してるだけのこと。
ごり押ししてれば安定とか賢者狩りうめぇwwwとかそういう人たちが楽しむ場とは別に、
純粋に勝負や交流が楽しめる場を作れたらなぁとか思います。

■それでは

bye-bye

これ実はめっちゃ便利なことに気付いた。
流石リスペクトしてるプレイヤーさんが使ってるだけある。
posted by おーさん at 01:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

【雑記】新制限の話

新制限が出てからもう結構経ちます。
DOで新制限デッキをかなーり調整している訳ですが
いかんせん環境が固まっていないせいでメタが組みにくい。
デッキパワーや勝ち筋を如何に強固なものにするかが環境序盤は大事だと考えます。

■新制限雑感

新制限を回してみての色々な感想。

・バックガン伏せ戦術

これは個人的にはあまりやらないほうがいいと思うのですがどうでしょう。
大嵐が無くなったとしても寒波デブリやトラスタガイザ、GBAなど
バックを無力化するカードはいっぱいありますし、
場を一回一掃されたら負けに繋がるプレイは最善とは言えないのではないでしょうか?

サイク警戒を含めた有効札2枚+状況によってα

この2枚〜3枚程度のバックで十分機能すると思います。
これならばハンドを残したままでも戦えるので、
相手に場を破壊すれば勝てるという心理も持たせにくいので
心理的な側面でも此方の方が圧迫出来ると思います。

・ブラックホール復帰

ぶっちゃけこれは大したことないです。
場にカードを置きすぎないという
昔からやっている単純なことを続ければいいだけなので。
気をつけるのであれば、モンが破壊されやすい環境だからこそ
バックの重要性も上がっているということくらいでしょうか。

・蘇生復帰

これは非常に厄介です。
DDクロウと隙間では優位性は今までクロウにありましたが
蘇生復帰のせいで=になっている感じがあります。
ライトロードには蘇生は目の敵でしかないでしょうね。

・アンデの復権

というレベルにまではまだ至っていないようです。
高速化させる玄米等が規制がかかり、
低速でも機能できるようにさせる弾圧スキドレも同時に規制がかかっています。
コンセプトではないギミックレベルで姿を多少はみるかなという所ですね。

・素早いビッグハムスター

ハムッ ハフハフ、ハフッ!!
ビッグハムスター略してビグハムさんですが
つえーつえー言われてるけど使ってみるとなかなか難しい。
完全に動きが受動的であるので、攻めに転じる動きを
その前のターンから反転しておかなければならないという点が厄介。
(ex:能動的に動く場合。ハム反転⇒ライコウ等サーチ⇒次ターンライコウ反転から攻勢)

といっても戦線構築には本当に強いのでスローテンポのデッキにおいては
抜群の破壊力をもたらすのではないか、と考えます。

今現在だとライコウ等の注目が行きがちですが、
ハムスターで呼べるカードはかなり強いのが幾つかまぎれています。
対罠戦で効力あるあのカードをうまく使えれば
新たな戦術と動きも可能になってくるのではないでしょうか。

■日常の話

色々区切りがついたので新たな目標に向かって頑張っていこうかなーと。
そしてそれに伴いPCを開く機会が多くなるので更新頻度も上がるかもしれません。
レポート課題いっぱいやんなきゃー!

■サッカーの話

代表新監督いつ決まるんでしょうね。。。

スペイン人監督に手当たり次第依頼しているようですが、
結局どことも調整がうまくいっていないっぽい。
9月にはパラグアイ戦、10月にはアルゼンチン戦も決まってるのに。

     本田△
香川         松井

   遠藤  長谷部

      阿部
長友         内田
   釣男  今野 
      川島

ガチでリベンジかますならこの布陣でいいと思うかなーと。
岡田戦術受け継ぐ感じで新鮮味がないと感じるかもしれないけどね。
香川がキレッキレだから、もっと攻撃的なフォメでも
イケるかもしれないけど残念ながらまだちょっときついかなーという気もします。

新生JAPANを早く見てみたい。

■久しぶりの更新なのに

相変わらずの散文。あーこりゃこりゃ。
twitterでなぅなぅ言ってる方が性に合うかもしれないなぅ
関係無いけど平野耕太氏のツイートは本当に面白いのでおススメしておきますw

そんじゃー今日の更新終わり。
土曜あたりに書くかもうぃる
posted by おーさん at 11:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

【デッキ】墓守ヒロビ

モンスター(11枚)
墓守の司令官×3枚
デス・ラクーダ×3枚
Sin(シン) スターダスト・ドラゴン
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×3枚
魔法(17枚)
地砕き×2枚
増援
強欲で謙虚な壺×3枚
王家の眠る谷−ネクロバレー×2枚
王家の生け贄×3枚
ライトニング・ボルテックス
デュアルスパーク×3枚
E−エマージェンシーコール×2枚
罠(12枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
神の警告×2枚
次元幽閉×3枚
スターライト・ロード×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
アーカナイト・マジシャン
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン×3枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
マジックテンペスター
ミスト・ウォーム
メンタルスフィア・デーモン
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
スノーマンイーター×2枚
ドッペルゲンガー
トラップ・スタン
ライトニング・ボルテックス
ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
生贄封じの仮面×3枚
聖なるあかり×2枚
天罰
盗賊の七つ道具×2枚

リクエストがあったので。
完全に俺好みの誰得デッキです。本当に有難うご(ry
posted by おーさん at 10:05| Comment(4) | TrackBack(0) | デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【デッキ】旋風BF

モンスター(19枚)
ダーク・アームド・ドラゴン
エフェクト・ヴェーラー×2枚
BF−大旆のヴァーユ
BF−蒼炎のシュラ×3枚
BF−疾風のゲイル
BF−黒槍のブラスト×3枚
BF−月影のカルート×3枚
BF−極北のブリザード×2枚
BF−暁のシロッコ×3枚

魔法(10枚)
大嵐
黒い旋風×2枚
月の書×3枚
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
サイクロン

罠(11枚)
魔のデッキ破壊ウイルス×2枚
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
ダスト・シュート
スターライト・ロード
ゴッドバードアタック×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
BF−アーマード・ウィング
BF−アームズ・ウィング
BF−孤高のシルバー・ウィンド
インフェルニティ・デス・ドラゴン
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
スノーマンイーター×2枚
闇の幻影
砂塵の大竜巻
生贄封じの仮面×2枚
転生の予言
盗賊の七つ道具
抹殺の使徒×2枚
霧の王(キングミスト)×2枚
冥府の使者ゴーズ
posted by おーさん at 09:42| Comment(3) | TrackBack(0) | デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【デッキ】カエル帝

モンスター(28枚)
冥府の使者ゴーズ
魔知ガエル×3枚
風帝ライザー×2枚
粋カエル
邪帝ガイウス×3枚
鬼ガエル×3枚
黄泉ガエル×2枚
炎帝テスタロス×3枚
フィッシュボーグ−ガンナー
ジャンク・シンクロン
エフェクト・ヴェーラー×3枚
イレカエル×3枚
D.D.クロウ×2枚
魔法(7枚)
大嵐
洗脳−ブレインコントロール
ワン・フォー・ワン
ライトニング・ボルテックス
サイクロン
クロス・ソウル×2枚
罠(5枚)
水霊術−「葵」×3枚
マインドクラッシュ
ダスト・シュート

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
フォーミュラ・シンクロン×3枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
ミスト・ウォーム
氷結界の龍 グングニール
氷結界の龍 トリシューラ×2枚
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
ドッペルゲンガー
ライトニング・ボルテックス
ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
レインボー・ライフ×2枚
王宮の弾圧×2枚
虚無魔人(ヴァニティー・デビル)×2枚
砂塵の大竜巻×3枚
霧の王(キングミスト)×2枚
posted by おーさん at 09:32| Comment(2) | TrackBack(0) | デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【遊戯王】新制限が出ました

■新制限

・禁止
レスキューキャット
イレカエル
大嵐
洗脳−ブレインコントロール

・制限
氷結界の龍 トリシューラ
ブラック・ホール
死者蘇生
黒い旋風
インフェルニティガン
王宮の弾圧

・準制限
カオス・ソーサラー
スナイプ・ストーカー
サイクロン
おジャマトリオ
魔法の筒

・解除
サイバー・ドラゴン
ゴブリンゾンビ
黄泉ガエル
ブラック・ローズ・ドラゴン
団結の力
王宮のお触れ

■新制限考察

カエル死んだ、旋風生き残った、インフェ生き残った、
サイドラ復活、アンデ復活など
非常に面白い制限改定になったと思います。

しかしながら《大嵐》の規制。これだけは致命的なミスだと考えます。

これで永続罠系のデッキが猛威をふるわなければいいのですが・・・

あと個人的に大きいのがサイバードラゴンの無制限化。
《パワー・ボンド》で1kill狙うデッキ作ろうとか考えてるのは俺だけでいい。
ブラホからの融合呪印とサイバードラゴンで1killとか素敵過ぎますね。

弾圧の規制。これはようわからん。
素直に割拠使っとけって話なんでしょうか?

パワーカードが多数戻ってきて派手な争いになると予想しておきます。

明日から色々調整していこうと思います。
posted by おーさん at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。