2010年12月21日

【雑記】無題

JFも終わり、今年の主なイベントも秋葉CSのみですね。

トーナメントを戦うプレイヤーにとっては
ようやく一段落つけるといったところでしょうか。
今年は例年にも増して非公認大会が増えた1年でもありました。

時間が作れるなら来年以降もある程度は参加していきたいですね。
東京CSでは抽選免除の権利も獲得したわけですし。

◆環境の話

ストラクチャーデッキ【−ロスト・サンクチュアリ−】が発売されてから約10日が経ちました。
このストラクチャーに収録されている《マスター・ヒュペリオン》《神秘の代行者 アース》などを
使った【天使】デッキが12/12に行われた加須CSで結果を出したことも記憶に新しいかと思います。

この天使デッキが環境三種のデッキに及ぼす影響を簡単に考察したいと思います。

■天使デッキに対する概要

まずこの天使デッキというものはどのようなデッキであるのか。
これを前提として踏まえる必要があります。
加須CSで活躍した【天使】デッキ(duel entrance様より転載)をみると、
主な戦術や特徴としては

α アースを守りつつ次ターンヴィーナス召喚からのシンクロ展開
β クリスティアを駆使した特殊召喚(SS)を封じる戦術が可能
γ ヒュペリオンを使ったボード・コントロール
σ 《朱光の宣告者》を使ったハンドからのエフェクトモンスターに関する関与

これらが挙げられると思います。
現在トーナメントで活躍する代行者型の天使デッキは多少の違いはあれど、
この4つを駆使しながら闘っていると考えていいでしょう。

αについては、アースさえ守り切れれば、阻害無しを前提とした場合は
レベル2+レベル3+レベル2(×3まで)が展開されることになり、
4〜11までのシンクロをわずかなライフコストで展開できることになります。
レベル7には《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》、レベル9には《氷結界の龍 トリシューラ》が控えており、
1枚でこれらのカードに繋げることのできる《神秘の代行者 アース》の優秀さがわかります。

弱点として挙げられる《A・O・J ディサイシブ・アームズ》に対するケアも
《朱光の宣告者》や、環境メタとして優秀である《神の警告》
特殊召喚を封じる《大天使クリスティア》にて可能であり、
光属性に統一することでサイドからの《御前試合》の恩恵も受けることができる点も魅力です。

攻守ともにバランスのいいデッキですが、弱点がないかと言われると、決してそんなことはありません。
SSに展開を頼るため、《大天使クリスティア》などのSS封じが展開された場合に劣勢になる点は、
改善を目指していかなければならないポイントだと考えます。

■各デッキからみた天使デッキ

▼六武衆側の視点

最大の脅威になるのは《大天使クリスティア》でしょう。
六武衆も展開をSSに頼るため、先攻でこれが立たれると対処が非常に難しい。

《月の書》《ブラック・ホール》《六武衆の露払い》などによる除去
・門を使ったパンプによる戦闘破壊(1800と仮定した場合カウンター4が必要)

後者は門2枚がない限り現実的ではないのと、結局そのターンだけ破壊できても
次ターンに再度クリスを展開される可能性があるのと、
クリスを処理したターンにできればkillしてしまいたいので、
パンプに頼る除去よりはスペルやエフェクトを使った
バトルフェイズ前での処理を目指すべきですね。

今まで採用されていた《月の書》《六武衆の露払い》の他に
《ブラック・ホール》がメインから今後は採用されていくだろうと考えます。

▼デブリ側からの視点

既存の構築では不利。効果モンは《朱光の宣告者》に、
特殊召喚を封じる《大天使クリスティア》によってデブダンギミックが消されてしまう点、
尚且つトリシューラが《神秘の代行者 アース》経由で早い段階で出てしまう点がきつい。

《大天使クリスティア》を維持されるとほぼ負けなので、その対処を構築に採用したいところですが、
ライコウでの対処を狙った場合、裏守備を《マスター・ヒュペリオン》に破壊され続ける事態なども起りえます。
能動破壊出来るカードの増量や、クリスティアが立つ前に決めてしまえる爆発力を
構築に付加しながら対応していく必要があると思います。

▼BF側からの視点

これに関しては後日更新していきたいと思います。
旋風の強い構築が完成していないと考えますので、
現状ではちょっと色々言いにくいかなーと。

軽く回した感じだと弾圧維持できれば勝ちまでありますが、
ドローソースによる圧縮をされた場合にハリケーンサイク等を引かれないとは考えにくいので
ハリケーン等を引かれた場合でもライフを残せる手段を確保できるか、
また維持している間にライフを削りきるか、若しくは優位な場の構成が素早くできるか。
この3つの課題に関して具体的な解答を構築に内包できるか。これがキーだと考えます。

■総括

天使つえーw

おわり
posted by おーさん at 20:53| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、いつも楽しく読ませてもらってます

最近僕の周りでもちょいちょい天使強いという声聞くのですがやはり環境に食い込んでくるレベルですかね?デブリに強いのはわかりますが六武あたりには上手く勝てるイメージが湧かないです…
Posted by ジャム at 2010年12月22日 20:52
いきなりなんですが、千葉CSって開くことはできないでしょうか?
近くでCSが開催されなくて困っています。
おーさんのような有名プレイヤーがCSを開けば、きっとたくさんの人があつまると思います。
本当に勝手なお願いですが、宜しくお願いします
Posted by エース at 2010年12月24日 18:38
>ジャムさん
天使は環境に十分食い込んでくるデッキだと思いますよ。
デブリ、旋風などに強く、六武に対しても制圧力がある魅力的なデッキだと思います。
秋葉CSで使用されるプレイヤーも結構いると思いますので、
その結果をみて評価されてもいいのかもしれません。
Posted by おーさん at 2010年12月24日 18:55
>エースさん
千葉CSは実際開くことが可能ではあります。
以前も蘇我でCSを開催したこともあるので、
チーム戦の196人程度の規模なら開催できるとは思います。

ただ、千葉県の場合会場の確保が最大のネックなんですよ。
綾瀬のような大きくてコストパフォーマンスにも優れている会場などそうそうあるわけではないんです。
千葉県で大きい会場を確保しようとすると、会場費が高く、
尚且つ交通の便もそこまで良くないんですよね。
更に確保に1年以上前からの予約を必要としてしまうのもネックになっております。

会場面での問題が解決したら千葉CSも実現できるかとは思います。
ただ、非常に難しい問題であることはご理解いただきたいです。
Posted by おーさん at 2010年12月24日 19:02

会場ですか・・
いっぱいありそうでないんですね。
わかりやすい返信ありがとうございました。
Posted by エース at 2010年12月25日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174402592

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。